読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクとは違うのだよサクとは

石川梨華ちゃんや根岸愛ちゃんの事やら他のことやらまったりと…Rikasaku

オペラ・ド・マランドロ 中日劇場

東京初日は何時更新出来るか不明だけどw中日劇場分だけでも更新する。 しないと、また更新し無さそうだからw

img_0120 開場前の劇場内を外から…このように狭いので、半券をもっていれば中日ビル内を移動しても良い事になってます。この後ろ側に椅子が並んでいてそこで休憩も可能。 休憩時などは通路の真ん中にトイレに並ぶ女性の列が手前に見える階段まで並ぶ。 いくら、女性トイレが混んでいるからと言っても男性トイレに入るのはマナー違反かと。

内容は、東京公演とあまり変わりはないけども(セットなどの違いはあったみたい)、名古屋公演という事もあり所々名古屋弁やしゃちほことかの名前が出てましたね。 ヴィクトリア夫人の髪型がしゃちほこは笑った。劇中?にこの単語が降りてきたらしいw

サンバ隊は別所さんも言っていたが目のやりどころに困るw Yukachanは確かに他の人と比べると踊りのレベルは違うねえ。

そういえば、ヲタは両サイドのブロックに固められていて御一行さん状態になってましたw かなり濃かったw

マックス演じる別所さんは、主役だけども縁の下の力持ち的な立場かな。 なので突発した所はないけどもどっしりとした演技でみんなを支えるという感じですかね。 その感じが良い感じで出てますよね。

タイガー演じる石井一孝さん。今回の舞台で初めて知りました。 ミュージカル界では凄いお方みたいですが、すんません初ミュなもので… でも、この方ががミュージカルで人気なのは分かった気がしたようなしなかったような。 個人的には別所さんより石井さんの方がカッケーなあと。

マルゴ演じるマルシアさんは、いやー歌が上手い。リボンの騎士は生で見に行く事が出来なかったけども、歌声の素晴らしさは分かっていた。でも、生で見たらおおおお!と感動。

ルー演じる梨華ちゃんはですが、初日の時と比べれば歌は良くなってますね。 周りの方が凄い方ばかりで、ミュージカル風の歌い方じゃないので厳しいですけど。 ただ、セリフと歌は聴き取りやすいんですよね。 それとセリフ間違えが他の役者さんと比べるとあまり見受けられない。今日は、カギの番号のシーンではむせましたがそれくらいでしたからね。 心が強く、勝ち気(同じじゃn(ry )で、でもしたたかさと言ったら良いのかその部分は本人そっくりかなとw

ジェニー演じる田中ロウマは凄すぎるw 脇役なのに存在感は主役wオカマが似合いすぎて、本物かとw ダンスも歌も上手く、しかも筋肉ムキムキ。 全ての演技が良い意味で離れ業過ぎて反則なんですがw

DIAMOND☆DOGSさんはバハバス演じる東山さん以外は未だに分かりづらい。多くのシーンで帽子を被っているせいかも知れないけど、キャラがイマイチ伝わってこない部分があるのが残念。 でも、ダンスはすっごい上手いですね。二箇所くらい歌がちょっと残念な所があるけども。でも、東山さんは上手いよね。 次見る時は、何か取っ掛かりを見つけて覚えないとw

あと、個人的に凄いと思うのはJuNGLEさん。見せ場(浮浪者状態になってシュトリーデル事務所に戻ってきた所)は暗いシーンなんだけども、それをマランドロ風に軽快に見せる為にぶちこわしていて、すんなりと見る事が出来てますよね。 あそこで暗いまんま行くとなると、ドロドロしたまま行く事になるから良いさじ加減が出来ているような。

トークショーも残って聞きましたが感想は出来れば後日にでも。 ただ、4人の中の人の性格と演じる役の性格が似ているというかそのままとか言われていたように、今回の役者さん全ての性格はどれもこれも素の性格と同じであるような気が。 オペラ・ド・マランドロは劇中劇なんだけど、実はその本人がそのままでミュージカルをしているかのような気が…

舞台って奥深くて難しいなあ。

あと、多くても2回(大阪、仙台)ですが見る予定なので色々見つけないと。

img_0124 出待ちシーン。見かけたのは、東山さん、石井さん、別所さん。写真を撮ったり、サインをお願いしたり、付いていったりするのはハロプロヲタより必死度は凄いねw 女性アイドル(女優)より男性アイドル(俳優)の方が色々と大変そうだ…